クジラ「骨格標本に」、採用せず 大阪市、自然史博物館から申し出

2023年1月24日 20時03分 (共同通信)
 大阪市の淀川河口で死んでいるのが確認されたマッコウクジラ=13日

 大阪市の淀川河口で死んでいるのが確認されたマッコウクジラ=13日

 大阪市の淀川河口で死んでいるのが確認され、紀伊半島沖に沈められたマッコウクジラについて、松井一郎市長は24日、担当部局が市立自然史博物館から「骨格標本にしたい」との申し出を受けていたと明らかにした。沈める方針を決めた際は、引き取り要望はなかったと説明。内容が具体的でないため採用しなかったと語り、対応に問題はないとの認識を示した。
 博物館側から標本化の工程や手段が示されなかったため、応じなかったとしている。松井氏は「腐敗が進み爆発の恐れがある中、スピード感を持って処理すべきだと考えた」と述べた。
 クジラは18日に学術調査を実施し、船で運んで19日に沈めた。

関連キーワード

?
おすすめ情報

社会の新着

記事一覧