竹も食べるけど…まだママのおっぱいももらっているよ 上野の双子パンダ?シャオシャオとレイレイ<動画>

2023年1月17日 16時37分
 東京?上野動物園は17日、2021年6月23日に誕生した双子のジャイアントパンダ、雄シャオシャオと雌レイレイの様子を公表した。2頭は17日で573日齢を迎えた。公表された動画には、母親のシンシンとそれぞれがじゃれ合うなど、仲良くすごす様子が収められている。

左:シンシン、中央:シャオシャオ 、右:レイレイ=(公財)東京動物園協会提供

 シャオシャオとレイレイはシンシンとともに園内で元気にすごしている。ともに健康状態は良好で、体重も順調に増えている。15日の測定時は、シャオシャオが44.8キログラム、レイレイが49.5キログラム。昨年12月15日の前回測定時に比べ、シャオシャオは3.9キログラム、レイレイは4.1キログラム増えていた。

左:シャオシャオ、右:レイレイ=(公財)東京動物園協会提供

 園によると、2頭は竹を食べるようになっており、大人のパンダと同じようなラグビーボール型のフンをする。その量は、2頭合わせて1日7キロを超える日もある。ただ、シンシンからの授乳も続いており、日によって時間や回数はまちまちだが、1日2~3回程度見られている。人工乳も継続して与えている。

シャオシャオ=(公財)東京動物園協会提供

 2頭の観覧は、事前申し込みや抽選をしなくても可能。一方、2頭の姉にあたる17年6月に誕生したシャンシャンは、2月21日に中国に返還されることが決まっており、1月21日以降の観覧は事前抽選制になる。詳しい情報や申し込みはウェブサイト「東京ズーネット」で。観覧の最終日は2月19日。

レイレイ=(公財)東京動物園協会提供

関連キーワード

?
おすすめ情報

動画の新着

記事一覧